先輩が語るメッセージ

2014年入社
財務経理部
菊池 あづさ

常に事業部の方の目線から考え、業務効率化を提案しています。

私の仕事

財務経理部において、預金、受取手形、借入金の管理、大口取引先との相殺処理、未回収債権の管理などを担当しています。また、タイにある子会社について、毎月の取引照合、請求書の作成、相殺・入金処理も行っております。様々な部門の方から問合せをいただくことが多いのですが、パソコンに使い慣れない人、引継ぎ後の慣れない処理、初めての処理等、相手の立場に合わせて分かりやすく説明することを心掛けております。また、女性活用推進会議の主催メンバーとして、全国を回って意見の収集を行うなど、女性が活躍しやすい環境作りに携わっています。

やりがい、目標など

何か処理をお願いする際には、マニュアルを作成するなど、忙しい現場の方に負担にならないように工夫しております。現場の方に「菊池さんの説明は分かりやすい」と言っていただいたり、お礼を言っていただけるとやりがいを感じます。
経理処理は毎月の処理ですが、全国の事業所の経理担当者の方が毎月1処理でも業務負担を減らせないかと考えながら日々業務を行っております。常に事業部の方の目線で考えることで、積極的に業務効率化の提案をできるような人材になりたいと思います。

2008年入社
自動車部品事業部:タイ子会社駐在
小笠原 理気

ローカルスタッフと一緒に技術力の向上を目指しています。

私の仕事

自動車部品事業のタイ子会社の生産部門のエンジニアとして、主に新規部品の立ち上げを担当しています。生産工程の検討を行い、金型を製作してお客様からの仕様通りの製品を生産できるようになるまで、トライ&エラーを繰り返しながら、品質が良く生産性が高い金型を工場に提供しています。技術部門と金型製作部門の兼任業務になっているので、金型製作に関わるコスト、納期等の細かな管理も行っています。お客様と技術的な打ち合わせをして、予算管理も行いつつローカルスタッフと一緒に金型を工場に据え付けるなど、多岐に渡る業務内容です。

やりがい、目標など

設計者が作った3Dデータを実際の自動車部品にして行くので、モノ作りにダイレクトに携わることができ、パソコンの画面上にしかなかったデータが実際の部品として具現化できた時はやりがいを感じます。
今後は、高い技術力が要求されるため、日本でしか製作できなかった難易度が高い部品をタイでも作れるように、ローカルスタッフと一緒に技術力の向上を目指したいと考えています。