先輩が語るメッセージ

2007年入社
車輌リサイクル事業部
倉原 敏昭

「日本一の工場」となることが目標です。

私の仕事

数年前、私がまだ30代半ばの時、事業部長から「工場長をやってみないか」と言われました。咄嗟に「私がですか?」と答えたのを昨日のことのように記憶しています。工場長の業務は実に多岐に亘ります。
顧客との関係維持、集車のための新規開拓、従業員管理、機械設備のメンテナンス、安全への配慮、本部との調整、収益目標の達成・・・工場の責任者として、自ら率先して問題の解決に当たらなければならず、今でも毎日が勉強です。

やりがい、目標など

工場長は、安全の確保、法令やコンプライアンスの遵守は勿論のこと、最終的な収益責任が問われます。各自が知恵を出し合うことで工場の従業員が一丸となって、本部から課せられた収益目標の達成に取り組み、これを達成した時には、何とも言えない充実感とともにやりがいを感じます。当社は全国に6つの工場がありますが、私の目標は「日本一の工場」となることです。

2015年入社
関連事業部
神原 和也

お客様が気が付いていないニーズを取り込むために、現場訪問を大切にしています。

私の仕事

お客様の工場や営業所などで使用されるLEDなどの照明機器、空調機器、衛生機器や、作業服等の各種物販商品の販売に従事しています。電力代の削減による補助金によってお客様がコストを削減できるなど、お客様の利益につながるご提案を常に心掛けております。そのためには、お客様が気が付いていないニーズを取り込むために、現場を訪問することを大切にしており、出張が続くことが多くなります。取り扱う商品が多岐に亘るため、商品知識の深めるために日々勉強の毎日です。

やりがい、目標など

ベストなご提案をし、実際にその効果が実感できてお客様に喜んでいただいた時にやりがいを感じます。お客様が希望される仕様・納期を実現するために、社内調整で難航することも多々ありますが、何事も経験だと思ってチャレンジしています。現在は国内のお客様に営業活動をしていますが、将来的には、文化や考え方が異なる海外で活躍したいと思っています。